腰が痛くて寝付けない夜はこの寝姿勢で!負担を軽減させる睡眠方法

腰痛で眠れないときにおすすめの寝姿勢

睡眠時の肩こりや腰痛に悩む人は少なくありません。
ひどい場合は、寝るときも腰が痛くてなかなか寝付けない人もいると思います。

そんな、どうしても腰が痛くて寝付きにくいときにおすすめの、腰痛を軽減させる寝方・寝姿勢について紹介します。

腰が痛い時の効果的な寝方

腰痛の症状によっては異なる場合もあるようですが、多くの人の場合、まずは横向きに寝るのが腰の負担を軽減できておすすめです。

特に、腰をかるく丸めて寝ると腰の痛みを感じなくなりませんか?

逆にうつぶせ寝は、腰が反ってしまい負担がかかりますし、仰向けの場合も、脊髄が圧迫されてしまい痛みを感じることもあります。

仰向けも必ずしもデメリットばかりではないようですが、少なくとも腰が痛い時の寝方としては良くないと思います。

ただし、どうしても仰向けじゃないと寝にくいという人の場合は、膝を立てて寝ると腰の負担をある程度軽減することができます。

膝を立てていると最初は寝づらいかもしれませんが、続けていると慣れてくると思います。

眠りに支障をきたすほどの痛みがある場合、当然ですがまずは痛みや負担を軽減させる姿勢をとることが重要。

いちばん良いのは、上でも書いている通り横向きになり、気持ち腰を丸めるような姿勢です。

人は睡眠中は必ず寝返りをうっている

とはいえ、いちど寝てしまうと、ずっと同じ姿勢ということはありませんし、人は寝ているときは必ず寝返りを何度か打っています。

寝返りをしないと、一方の血管が圧迫されてしまったりし、身体に不調を起こしてしまうため。
寝返りをすることで、血流を良くしたり、睡眠のリズムを作りやすかったり、さまざまなメリットもあります。

つまり、寝るときに姿勢を意識していても、結局は寝ている間にその寝姿勢も崩れてしまうと思いますが、それでも寝付くときの姿勢は影響が大きいです。

腰の痛みを感じて寝られないというのはストレスにもなりますしね。

ぎっくり腰は、寝起きに起こすことが多いようなので、特に睡眠時の腰痛は意外と怖いと思います。 注意したいところですね。

肩こりや首こり・背中の痛みにはスローコアピローがおすすめ

スローコアライフの枕「スローコアピロー」は、睡眠時に使う枕ではなく、エクササイズ専用枕の枕。

この枕を使い、1日10分程度の専用エクササイズを行うことで、身体を強制し痛みの改善を目指していくものです。 プロのトレーナーや整骨院等でも導入されている運動補助器具です。

▼スローコアピローの公式サイトはこちら
>>スローコアピローを公式サイトで購入する


関連記事

横向き寝・仰向け寝・うつぶせ寝のメリットデメリット

あなたの寝姿勢はどれ?横向き寝・仰向け寝・うつぶせ寝のメリット・デメリットとは

腰痛・肩こりに即効性のあるストレッチ

仕事中や寝る前の一瞬で!肩こり・腰痛を軽減させる簡単ストレッチ