睡眠の質を上げるには寝返りが重要!寝返りの3つの効果とメリット

寝返りの効果・メリット

人は睡眠中に自然と寝返りを打っているといわれていますが、この寝返りが、睡眠の質を高める上で重要な働きをしているようです。

逆にいうと、寝返りを打ちづらい環境や体勢で寝ていると、睡眠の質は良くない可能性が高いということ。

寝返りの持つ効果・メリットについて調べてみました。大きく3つに分けて紹介します。

寝返りのメリット・効果

1.身体の血流が良くなる

例えば、ずっと右向きの横寝のままで寝ていると、下になっている体の右側半分の血液の循環が悪くなったり、一部がゆがんできたりしてしまいます。

血液の循環が悪くなると、身体全体に血液がいきわたりにくくなり、肩こりや腰痛の原因にもなってしまうことに…。

それが、寝返りをすることによって、床と接する体の面を変えることができ、血液がまんべんなくいきわたるようになります。

2.湿度・体温の調節

ずっと同じ箇所が床に接していると、その部分は体温調節ができなくなってしまうようです。

例えば、身体の中のずっと下になっている面は、だんだん蒸れて湿気が高まってしまいそうですよね。そうなるとその一部のみ体温も上がっていくことになるでしょう。

寝返りを打つことで、布団の中の湿度と体温の調節を行うことができます。

3.レム⇔ノンレム睡眠のリズムを整える

浅い眠りであるレム睡眠、深い眠りであるノンレム睡眠、というのは聞いたことがあると思いますが、この睡眠の段階が切り替わるときに、人は寝返りを打っているそうです。

つまり寝返りが、睡眠のリズムを作っているということ。

スムーズに寝返りを打つことができないと、睡眠の質が上がらなかったり、寝返りしているときに起きてしまったりということがあります。

寝返りしやすい環境になってる?

人は寝ている間に自然と寝返りを打つとはいえ、例えばベッドの上がごちゃごちゃになっていたりすると、寝返りをうつためのスペースが確保できないこともあります。

また、身体が沈み込むようなタイプのマットレスなどを使っていると、寝返りを打ちにくなることもあるようです。

また、枕でも、例えば横向きの抱き枕などがありますが、あれは一方向のみで使うような形をしていることがあるので、寝返りを打つという点では難しいのかな?と思ったりします。
私は抱き枕を使った経験はないので正確なことはいえませんが。

自分の睡眠環境が、しっかり寝返りを打ちやすい状態になっているか、というのは睡眠の質を高める上でひとつの重要なポイントといえそうです。

枕や寝方、ベッドの上の環境が寝返りを打ちづらくなっている人は、 まずはそこから変えてみると、睡眠の質が上がるかもしれません。

肩こりや首こり・背中の痛みにはスローコアピローがおすすめ

スローコアライフの枕「スローコアピロー」は、睡眠時に使う枕ではなく、エクササイズ専用枕の枕。

この枕を使い、1日10分程度の専用エクササイズを行うことで、身体を強制し痛みの改善を目指していくものです。 プロのトレーナーや整骨院等でも導入されている運動補助器具です。

▼スローコアピローの公式サイトはこちら
>>スローコアピローを公式サイトで購入する


関連記事

要注意!睡眠不足や質の低い睡眠がもたらす5つの危険性

要注意!睡眠不足や質の低い睡眠がもたらす5つの危険性

睡眠時間がとれないなら睡眠の質を上げよう

世界で一番寝てないのは日本人?睡眠時間がとれないなら睡眠の質を上げよう

夕方~夜の電車での仮眠は睡眠の質を下げてしまう

夕方~夜の帰りの電車で寝るのはNG?実は睡眠の質を下げる習慣だった