仕事中や寝る前の一瞬で!肩こり・腰痛を軽減させる簡単ストレッチ

腰痛・肩こりに即効性のあるストレッチ

私の場合は、デスクワークで座っている時間が長いことから肩こり・腰痛になりましたが、それ以外でも、重いものを持つ仕事だったり、ずっと立ちっぱなしだったり、肩こりや腰痛に悩んでいる人は多いと思います。

そんなときに、仕事しているときや、夜寝る前などの短い時間に簡単にすぐ行えて、 肩こり・腰痛に効果的なストレッチを紹介します。

腰痛に効く簡単ストレッチ

基本的に、腰の動きは大きくは
・横にひねる
・上下に反らす
・体の側面を伸ばす
の3つに分けられるようです。

以下のストレッチで、これらの動きをしていきます。

①寝る前にベッドの上で

仰向けに寝転び、膝を立て、両足の膝同氏をくっつけたまま、左右交互に倒していきます。

地面に着くほど倒さなくてもOK。左右に揺らすようなイメージです。

②デスクワークの合間に

椅子に座りながら、上体を顔が膝に着くぐらい前に倒す。そして背筋がまっすぐなるまで起き上がる。これを繰り返す。

③立ち上がってその場で

両手を頭の後ろで組み、背筋をまっすぐ伸ばした状態で、そのまま体を真横に倒していきます。

すると背中から腰にかけてグッと伸びるのが分かると思います。これを左右交互に数回行います。

また、同じポーズから、今度は体を左右にひねり、左右交互にひじを前後にさせます。

「右ひじ左ひじ交互に見て♪」の感じですね笑。

*参考 2700「右ひじ左ひじ交互に見て」


私の場合、本当に腰痛がひどくなったときも、 このストレッチを1時間に1回くらいの頻度で行っていたところ、初日からだいぶマシになって、3日程度でほとんど大きな痛みは感じなくなりました。

とはいえ、デスクワークに腰痛は付きものですし、痛みがマシになってからも習慣で続けています。

 

肩こりに効く簡単ストレッチ

肩こりは、肩甲骨の周りをほぐしていくことが大切。肩というより背中に効いているように感じると思います。

①デスクワークの合間に

両肩を上げて、上げた状態で5秒程度キープ。そして肩を元の状態に落とします。これを2~3回繰り返します。

②寝る前にベッドの上で

ベッドの上で正座し、そこから両手をまっすぐ伸ばして体を前に傾けていきます。

できるならおでこが地面に付くぐらいまで倒します。腕の付け根が伸びているのが感じられると思います

③立ち上がってその場で

両手を背中の後ろに回して組みます。そして手を組んだまま、ひじを曲げないように上に上げていき、上で10秒程度キープし下に降ろします。これを2~3回繰り返します。

まとめ

以上、腰痛・肩こりに効く簡単ストレッチでした。

もちろんこれらのストレッチだけで完治というのは難しいと思いますが、 どれも本当に簡単でわりと即効性はあるものなので、腰痛・肩こりの悩みがある人はぜひいちど試してみてください。

肩こりや首こり・背中の痛みにはスローコアピローがおすすめ

スローコアライフの枕「スローコアピロー」は、睡眠時に使う枕ではなく、エクササイズ専用枕の枕。

この枕を使い、1日10分程度の専用エクササイズを行うことで、身体を強制し痛みの改善を目指していくものです。 プロのトレーナーや整骨院等でも導入されている運動補助器具です。

▼スローコアピローの公式サイトはこちら
>>スローコアピローを公式サイトで購入する


関連記事

腰痛で眠れないときにおすすめの寝姿勢

腰が痛くて寝付けない夜はこの寝姿勢で!負担を軽減させる睡眠方法

横向き寝・仰向け寝・うつぶせ寝のメリットデメリット

あなたの寝姿勢はどれ?横向き寝・仰向け寝・うつぶせ寝のメリット・デメリットとは