あなたの寝姿勢はどれ?横向き寝・仰向け寝・うつぶせ寝のメリット・デメリットとは

横向き寝・仰向け寝・うつぶせ寝のメリットデメリット

睡眠時、あたなはどんな姿勢で眠っていますか?人によって寝方は様々だと思いますが、寝姿勢によってメリット・デメリットがあるようです。

ここでは、横向き寝、仰向け寝、うつ伏せ寝の3つについて、そのメリット・デメリットを調べてみました。

1.横向き寝

メリット 呼吸がラクになり安眠へ

まずは横向きから。おそらく横向き寝の人は多いのではないかと思います。

横向きで寝ることのメリットは、以下のようなポイント。

  • 気道が確保され呼吸がラクになる
  • 呼吸がラクになるといびきや無呼吸の対策になる
  • 睡眠の質も上がり熟睡・安眠できるようになる
  • 頭、首、肩のラインがバランスよくなり、首や肩のこりや腰痛が軽減される

腰痛などに関しては、高さなどが合っていない枕の場合だと、横向きに寝たとしても良くならない場合もあると思いますが、メリットはたくさんありますね。

特にいびきや無呼吸、肩こり・腰痛などに悩んでいる人は多いんじゃないかと思います。

もし他の寝方をしている場合は、横向き寝に変更することが解決方法になるかもしれません。

デメリット 身体に歪みが生じる可能性も

一方、横向きに寝ることのデメリットとしては、やはり左右どちらかに重心がかかる状態が続くため、骨盤の歪みにつながる可能性があるということ。

ただし、デスクワークで長時間作業をしているほうがよほど影響が大きいようで、横向き寝の影響はそこまで大きく気にするほどではないようです。

 

2.仰向け寝

メリット 左右バランスの良い寝姿勢

続いて仰向け寝について。

メリットとしては、上を向いて寝ると、 左右どちらかに体重がかかったりすることがなくバランスが良いので、骨盤がゆがんだりするのを防ぐことができます。

睡眠中の影響は少ないとは言われていますが、安眠にいちばん良いといわれている横向き寝の場合は、やはり体のどちらかに体重がかかった状態になりますからね。

デメリット いびきや無呼吸になりやすい?

仰向けの場合、舌がのどに落ちやすくなってしまうことで、気道が狭くなってしまい、 その影響でいびきや無呼吸症候群を起こしてしまうことがあります。

いびきをかく人は横向きに寝るのが良いといわれるのはこのためですね。

もちろん、仰向けで寝ていても、全くいびきをかかなかったり無呼吸にならない人もいるので個人差も大きいですが、一般的に仰向け寝の場合にいびきや無呼吸が起こりやすいといわれます。

 

3.うつ伏せ寝

メリット 姿勢が合う人には安眠しやすい

メリットは、腹式呼吸がしやすい体勢になるため酸素を多く取り込め、 うつぶせ寝が合う人にとっては安眠がしやすいということ。

ただし、この場合も柔らかいベッドを選ぶなどしないと胸が圧迫されてしまい、呼吸に異常を起こしてしまうこともあるそうです。

デメリット 首や腰を痛めやすい

体はまっすぐなのに首がどちらかに傾くという姿勢になるため、首に負担がかかり痛めやすくなります。

また、腰も反った状態で寝ているため、腰痛の原因にもなってしまうこともあります。

特に女性が気にするところだと思いますが、顔に枕のあとがついたり、胸を圧迫するので、胸の型崩れを起こしてしまうこともあるようです。

まとめ

あくまで一般的な傾向ではありますが、それぞれの寝姿勢の特徴、メリット・デメリットについて紹介しました。

こう見ていくと、やっぱりどの寝方もそれぞれメリット・デメリットがありますね。

いびきや無呼吸、睡眠時の肩こり・腰痛などなど、自分の悩みに合わせて寝姿勢も矯正していくと、睡眠の質がアップしていきそうです。

肩こりや首こり・背中の痛みにはスローコアピローがおすすめ

スローコアライフの枕「スローコアピロー」は、睡眠時に使う枕ではなく、エクササイズ専用枕の枕。

この枕を使い、1日10分程度の専用エクササイズを行うことで、身体を強制し痛みの改善を目指していくものです。 プロのトレーナーや整骨院等でも導入されている運動補助器具です。

▼スローコアピローの公式サイトはこちら
>>スローコアピローを公式サイトで購入する


関連記事

腰痛・肩こりに即効性のあるストレッチ

仕事中や寝る前の一瞬で!肩こり・腰痛を軽減させる簡単ストレッチ

腰痛で眠れないときにおすすめの寝姿勢

腰が痛くて寝付けない夜はこの寝姿勢で!負担を軽減させる睡眠方法