要注意!睡眠不足や質の低い睡眠がもたらす5つの危険性

要注意!睡眠不足や質の低い睡眠がもたらす5つの危険性

睡眠不足が続いたり、睡眠の質が低く浅い眠りが続いていると、 朝目覚めたときに疲れがとれていなかったり、日中もぼーっとしてしまったり、 身体によくないのは実感として分かると思います。

実際、睡眠が十分でないと、身体には悪影響が及んでいます。

具体的には、身体にとってどういうデメリット・危険性があるのか5つにまとめました。

睡眠不足がもたらす5つのデメリット・危険性

1.集中力・脳機能の低下

これは経験がある人も多いと思いますが、睡眠不足で何か作業などしていると注意力が散漫になったり、記憶力が悪くなってしまったりすることがあります。

思わぬミスを起こしてしまう可能性もあり、睡眠不足の中で仕事などを行うのは効率も悪く危険もあります。

どうしても仕方がないときを除いて、徹夜での作業などは避けたいものです。

2.肌トラブル

これも目に見える分かりやすい影響で、実感がある人は多いでしょう。

徹夜明けの日は、肌荒れや目の下のくまが目立つことはないでしょうか?

どんな美容液よりも、肌にとって大切なのは睡眠だといわれています。

3.感情抑制・理論的思考の低下

1の内容ともちょっと似ていますが、睡眠不足だと論理的に考えることが難しくなってきます。さらに感情を抑える力も低下するため、客観的に見て情緒不安定な人と思われかねません。

特に人と一緒に行う仕事などにおいてはかなり悪い影響がありそうです。

4.自己評価・意欲の低下

睡眠不足だと、自信を失いバイタリティが低下する危険性もあります。
そうなってしまうと、仕事でも人と接するときでも、マイナスに働いてしまいますよね。

最近の若者は自己評価が低い…みたいなことを言われることもありますが、もしかしたら睡眠の質も影響しているのかも?

5.アルツハイマー型認知症の発生リスク

睡眠中は、アルツハイマー病の原因にもなる「アミロイドβたんぱく質」を 体外へ排出しています。

十分な睡眠がとれていないと、当然そのアミロイドβは脳内にたまっていってしまい、アルツハイマー病発症のリスクも高まってしまうと言われます。

まとめ

以上、睡眠不足・質の悪い睡眠がもたらす危険性についてでした。

上のすべてに当てはまることですが、 これらの症状が起こることで明らかにストレスもたまっていきますよね。

目覚めもスッキリせず良くないはずですし、 睡眠不足は、精神衛生上も圧倒的によくないです。

少しでも思い当たる内容があった人は、ぜひ自分の睡眠を見直してみましょう。

肩こりや首こり・背中の痛みにはスローコアピローがおすすめ

スローコアライフの枕「スローコアピロー」は、睡眠時に使う枕ではなく、エクササイズ専用枕の枕。

この枕を使い、1日10分程度の専用エクササイズを行うことで、身体を強制し痛みの改善を目指していくものです。 プロのトレーナーや整骨院等でも導入されている運動補助器具です。

▼スローコアピローの公式サイトはこちら
>>スローコアピローを公式サイトで購入する


関連記事

寝返りの効果・メリット

睡眠の質を上げるには寝返りが重要!寝返りの3つの効果とメリット

睡眠時間がとれないなら睡眠の質を上げよう

世界で一番寝てないのは日本人?睡眠時間がとれないなら睡眠の質を上げよう

夕方~夜の電車での仮眠は睡眠の質を下げてしまう

夕方~夜の帰りの電車で寝るのはNG?実は睡眠の質を下げる習慣だった